>レポート>生徒と二人三脚で取り組める日本語教師が魅力的

生徒と二人三脚で取り組める日本語教師が魅力的

男女

日本語の教師の魅力

近年、子育ての合間を縫って日本語教師を目指す主婦も増えており、観光客や留学生の増加で日本語教師は注目を集めています。そんな日本語教師の魅力は主婦でも勤務形態を選べば好きな時間に働けるほか、人に教えることによって自分も一緒に成長できるということです。普段何気なく使っている日本語ですが、日本語教師として外国人に正しい日本語を教えようとすると自分も日本語について新たな発見が日々あります。そして、自分が教えたことによって日本語が上達して変化していく生徒を見ると、達成感が生まれます。また、文化や風習の違う国で生まれた外国人と接することによって新たな価値観を学ぶことができるため、自分の世界を広げることができます。

勉強

日本語の教師選びの基準

日本語教育機関は形態も規模も様々で、日本語教師の質も様々です。日本語教師になるために必須の資格はありませんが、日本語教師選びの基準として、日本語を教えるにあたりきちんと日本語教育の専攻過程を終了したり、日本語教育能力検定試験に合格したりしているなど教育者としてのベースができていることが前提です。そして、その日本語教師の学校の状態を把握することが重要です。自分のレベルに合った教育が受けられる環境にある他、様々な国から留学生を受け入れる体制が整っているか、定員充足率が高いかなども大切です。これらの条件が良くない学校に行くと、過去に不法残留者が多数発生したなどの問題が起きた可能性があります。日本語教師の質と共に学校の環境も把握する必要があります。

広告募集中