日本語教師になるための道筋〜スクールに通うのが効率的〜

HOME>アーカイブ>日本語教師に必要な基本的知識!まずはたくさんの情報を集めよう

日本語教師に必要な基本的知識!まずはたくさんの情報を集めよう

勉強

日本語教師になるためには

日本語教師とは、日本語を母国語としていない人に向けて、日本語や日本語の文化などを教える職業です。そのお仕事に就くためには、特別な資格は必要ありません。しかしながら、求人を募集する際、多くの場合が一定の条件を設けています。主な条件としては、「日本語教育能力検定の合格していること」「日本語教師養成講座を420時間程度受講していること」などといったものが挙げられます。採用される条件をクリアするために手っ取り早い方法としては、日本語教師養成講座を開講している専門スクールに通うことです。専門スクールによっては、日本語教育能力検定の勉強もできますよ。

日本語教師を目指せるスクールの主なコース

  • 日本語教師になるための基本コース
  • 日本語教育能力検定の試験対策コース
  • 海外で働く前に技術をさらに磨くコース

日本語教師としての適性があるか把握するべし

日本語教師は人によって向き不向きがあります。もし、日本語教師を目指しているのであれば、どんな人が日本語教師に向いているのか知っておきましょう。なお、適性がなくても諦める必要はありません。足りない部分があれば努力すればいいのです。

こんな人は日本語教師に向いているランキング

男女
no.1

人に何かを教えるのが得意

1番向いていると言えるでしょう。生徒に向けて日本語を教えるのが仕事です。適切な指導方法を把握していれば、生徒も教師を信頼し効率よく日本語を学ぶことができるでしょう。

no.2

日本文化が好き

日本語教師は、単に日本語を教えるだけでなく日本文化についても教えないといけません。日本の様々な歴史や文化を知っていれば、なぜこのような日本語を使うのかの背景まで教えることができるのです。

no.3

日本語以外の言語も話せる

日本語教師は海外の人に向けて授業をします。そのため、日本語のみで話すだけでは、生徒と密にコミュニケーションができません。英語や中国語などの言語をマスターしていれば、効率よく生徒とコミュニケーションを取ることが可能です。

広告募集中